DAGGERについて

Dagger Co.代表の工藤一広です。私は1994年から建築塗装を始め、2003年に塗装業で独立した頃

「MACK BRUSH」に出会いました。

 

それは「ピンストライプ」というデザインを描く為の刀の様な形をした線を書く為のブラシです。

「これは極めたい!」と思い、すぐにアメリカ・ミシガンまで全てのラインナップを買いに行った事が

今の私がある全ての理由です。そんな筆達を使いこなすため、それから毎日毎日筆にペンキをつけました。

 

その当時は筆とペンキで文字を書くのはアメ車やハーレー、その類いのお店

一般的にはカッティングが貼れない外壁やシャッター位な物でしたが

現在は様々な人たちの活躍とアイデアにより広く認知され

趣味やお仕事でサインペインティングの需要も多くなりました。

 

本質的なサインペインティングの技術はこれからもずっと色あせない絶対的な価値があると私は信じています。

 

もちろん私もMACK BRUSHと出会った頃は初心者です。

どんな材料を使って、どんな筆で書いて、何をどのようにすれば良いのだろう。

と思ってひたすら悩んで、書いていた記憶が今も強く残っています。

新しいカルチャーにチャレンジする時は、道具や材料もやり方も疑問が一杯だと思います。

 

DAGGER  School & Work Shopは多くの仲間と楽しくペインティングをして

自分に必要な技術や知識を身につける場所です。

 

一緒にサインペインティングを楽しみましょう!

 

 

~DAGGER PAINT HISTORY~

 

DAGGERは、Made in Japanの高品質に拘り私共が製作しているブランドです。

一人でもニーズがある限り、私どもは製作します。

 

「シンナーの使用」が常のサインペインティングですが

 有機溶剤を使用しないレタリングエナメルを作っています。

シンナーの臭いにお困りの方は是非ご相談ください。

 

gw2.gif
The way of the Sign Painter
Channel




Dagger Recommend Books