News・Blog

2017-01-03 16:52:00

さて、2017年の始まりに当たり、ホームページタイトルを

DAGGER「The Way of the Sign Painter」

にしました。

 

私も始めた頃は、何の筆を使って、どのように書くのかさっぱりわからず。

とりあえずMACK BRUSH CO.に行って全部1本ずつ買ってきました。

 

ほんと、新しいカルチャーにチャレンジする時は、右も左もわからないですよね。

ただただ仕上がった作品がカッコいい。

「自分も書きたい」と強く思ったのを覚えています。

 

しかしです、何の趣味もそうですが、レタリングもいきなり書けるはずがありません。

始めてのギターが弾きたいように弾けないのと全く一緒。

私もギターを弾くのですが、なんせ練習嫌いです。

おそらくスクールに行ったら、まずはコードから。

Fはここをこうおさえて、こう。

「鳴らない!」

多分こんな落ちなので、私の場合は弾きたい曲をいきなりしつこく練習するんです。

 

レタリングもそう。

Oはレタリングブラシをこう持って、軸を回転させながら半分半分書きます。

「回らない!」

 

持論ですが、これ全く一緒です。

 

ひたすらコードを練習して、ある程度覚えて、鳴るようになって、曲を覚えれば比較的スムーズに引けると思います。

ひたすら色々な線を練習しておけば、比較的スムーズに書けると思います。

コードをひたすら覚えたり、線を書いているだけでは飽きてしまうんです。

 

なので、私のギターの練習方法はつまずく進行があったら、ひたすらそこのみ練習すると

しつこく一週間もやっていれば弾けるようになるのです。

 

レタリングも一緒。

書きたいデザインがあるならば練習線はウォームアップ程度にして、書きたいデザインをいきなり書いてみれば良いんです。

 

欲を言えば、すぐに消せてしまう練習よりも、

適度な緊張感を持って書く事の出来る、家族や友人の物で練習するのがベストです。

何よりも一つの作品を「完成させる」事が大事です。

 

得意な筆使い、苦手な筆使いが必ず出てきます。

苦手な筆使いだけ練習すれば良いんです。

ちなみに私はPとFの大文字の筆記体が苦手でした。

なんでPAINT FACTORYにしたんだろうと、しばらく本気で後悔しました笑

 

これらは、道具を一通り揃えて、筆や塗料の使い方もある程度わかってからの事ですが、

ブラシには使用する向きや方向があったり、書体によってはブラシの種類を変えなければ行けなかったり

書きたい対象物によって毛の材質をかえてあげたり。

と、書き始める前に、まず道具や材料の使い方をしっかりとおさえておかないと、いくら練習しても確実に

時間の無駄になります。

 

2017年1月 新たな事を始めるには良い機会ですので、The Way of the Sign Painterでは

このブログ、そして動画でサインペインティングに関する情報を1からアップして行きますので

これから始めたい方も、既に始めた方も是非ご覧頂き、ステップアップにお役立て頂ければ幸いです。

 

gw2.gif
The way of the Sign Painter
Channel




Dagger Recommend Books