News・Blog

2017-08-18 12:00:00

サインペイントをする上で重要な物がブラシです

書きたいデザイン、書きたい場所これらの違いによって使用するブラシは変わってきます

同じデザインの文字を書こうと思っても書く素材が変わる事で書き難くなったりする事も有ります

こんな時に毛質の違うブラシを使う事で解消できたり

同じ品番の物でもサイズが大きくなるとフィーリング変わったり

普段と違うブラシを持つ事で違ったデザインの文字を書けるようになったり

ブラシを知る事で色々な問題が解決できよりサインペイントの楽しさも増えていきます

 

画材店などにも色々な筆が売られていますがあくまでも絵を描く為のブラシです

そんな時に知っておくと良いのがアメリカのMACK BRUSHです

MACK BRUSHはサインペイント、ピンストライプを行う中で必要な多種多様なラインナップが有り

ペインターの様々なニーズに応えたブラシ造りをしている専門メーカーです

今回のペイントスクールでは

MACK BRUSHのラインナップの説明、シチュエーションでどの様に選択すれば良いのかなどの話を交え

実際にブラシを書き比べし違いを感じて頂く内容になり

始めてみたけど何を選べば良いのか、どう増やせば良いのか

1本持っていればいいと思う人、画材店で売っている物で良いと思う人

色々な人がいると思います

この機会に違いを体験してみて下さい

 20882040_1293468217441831_1635864003234587235_n.jpg

●開催日:9月23日 10:00~12:30

●開催場所:東京都新宿区新宿5丁目11-13 博雅ビル4F 403号室 

●講師:PAINT FACTORY 工藤一広

●定員:20名

●参加費用:1500円

※PAINT FACTORYの主催する2016年1月以降ペイントワークショップに参加した方は無料です。

   ご注文時に備考欄に参加した参加月、開催場所、クラスをご記載下さい。

 記載が無い場合は申し訳ありませんが有料となりますのでご承下さい。

 

参加申し込みはこちらからどうぞ⇒

 

DAGGER ONLINE SHOP 小池

 

gw2.gif
The way of the Sign Painter
Channel




Dagger Recommend Books