News・Blog

2017-03-16 10:19:00

ランドクルーザーのペイント施工させて頂きました。

元々のブルーを生かした部分施工で白部分その周りを木製モール風にWOOD PAINTで仕上げ

ポイントで幾つかサインを入れさせて頂きました。

ホリデーコーヒー.gif

 

ホリデーコーヒー2.gif

ホリデーコーヒー4.gif

 

*元の画像は取り忘れてしまいました.....

2017-03-13 17:57:00

浅草は浅草寺うらのPetanque様の看板、入り口のサインペイントの施工させて頂きました。

petanque-1.gif

アクリル板などの素材には出来上がったデザインをカーボン紙で転写し仕上げて行きます。

petanque-2.gifpetanque-3.gif

petanque-4.gifpetanque-5.gif

今回の対象物はアクリル板、ガラス面、塗装面と素材がが違い筆運びなどに差が出ます。

アクリル板、ガラス板に比べ塗装面(特に艶消し塗装)ではスムーズに動きません。

こんな時は毛質の違う筆、レデューサーで調整し対応していきます。

筆は少しコシの有る物に変えてみたり

レデューサーを多めに入れ塗料の粘度を調整し筆を走らせましょう。

但し、多く入れ過ぎると透けが出やすくなり斑が目立つので注意して下さい。

2017-03-06 18:33:00

DAGGER レタリングキット再入荷しました!!

サインペイントを始めてみたいけど何を揃えて良いか解らない?

選ぶのはエナメル(シンナー系)かアクリリクス(水性)だけで

最低限必要な物が揃っているので直ぐに始められます。

サインペイントで使用されているのは一般的にはエナメルが主流です

ただ最近では臭いの問題もあり店舗内などではアクリリクスでの作業も増えています。

エナメルの長所は書き味に直結する伸びの良さと艶、短所は臭い、使用後の廃液です。

アクリリクスの長所は臭いが気にならない、シンナー分によって溶ける事も無いので

書く材質を気にしなくて済みます。

短所はエナメルに比べ艶塗料の伸びは劣りますが

DAGGERではエナメル系に近づけて製造しているので始める上では特に気にならないでしょう

どちらも長所短所は有るのでどちらも使える事で損はありませんが

まずは練習環境に合わせ選択下さい。

 

商品購入は⇒こちらから!

 

 

 

 

 

2017-02-28 15:59:00

3月25日(土)エイジングベーシッククラス、26日(日)ウッドペイントクラス開催します

PAINT FACTORYでは以前からエイジング塗装にてご好評頂いていますが

最近はウッドペイントによるオーダーも増えてきています

ハスラー.gifC-_Users_kudo_Desktop_mini.gif

ハスラー木目2.gif17022468_1126825677439420_1454628649994939384_n.jpg

エイジングクラスでは物の経年変化を表現する為の技法

ウッドペイントクラスでは塗装によって木の雰囲気を再現する為の技法をお教えします

どちらもエアブラシ、ステッカーなどでは出せない質感を表現する事ができ

店舗などの什器、窓枠などに取り入れる事で空間の雰囲気をさらに引き立てる事も出来ます。

申し込みは⇒こちらから

 

 

 

 

2017-02-17 16:01:00

PAINT FACTORY STUDIO(神奈川県伊勢原市)にて

サインペイントベーシッククラスを5日(日)、20日(祝・月)に開催いたします。

ご参加お待ちしています。

詳しくこちらから⇒

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
gw2.gif
The way of the Sign Painter
Channel




Dagger Recommend Books